日記とかPCパーツとか日用品とか思った事を書いていく

工作系の記事が多め

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トライアック万能調光器

「電動マイクログラインダー」がウルサイの回転数を落としたくて
トライアック万能調光器キット(40Aタイプ)を買ってみた。
製品名は「調光器」なんだけど、主に交流整流子モーターの回転数制御に使う。
もっと簡単に書くと電動工具のモータの回転速度をダイアルで調整出来るようになる。

部品点数は少なめで、サクっと製作可能なキット。
20140307_113439.jpg

ダイオード以外は極性が無いのでどんどん付けて行く。
CF1とCF2はオプションなので必要な場合は別途購入する必要がある。
20140307_162629.jpg

あれ?トライアックが穴に入らない...
たぶん20A用に穴開いてるのかな?
20140307_162816.jpg

仕方ないので、メッキ線で端子を延長し熱収縮チューブを被せて基板に結線。
20140307_164208.jpg

バリオーム・残ったZNRサージ吸収素子・電源ライン等の結線方法がわからん!
んで説明書をしっかり読む...
やっぱり、わかんねぇ!
と、言う訳でこことかの偉大な先人達のサイトを参考にしました。

ひと通り仮結線してみたので、テストしたんだけど...
20140307_190014.jpg

ACコンセント部品の結線方法が間違ってて、ヒューズが即断線
接続前に部品が内部でどう結線されているかテスターで調べるべきだった。
20140307_185612.jpg

ちゃんと動作したようなので、用意して置いたケースに入れ結線し直し。
20140309_105120.jpg
ACなどの穴はハンドニプラで開けようと思ってたんだけど
結構硬いアルミだったのでマイクログラインダーで削って開けた。

スイッチとヒューズソケット スイッチ上部に作業痕(笑
20140309_105635.jpg
AC3極と出力コンセント 3極上部に作業痕(笑
20140309_105647.jpg
下フタは基板固定用ネジ穴・トライアック固定穴・アースネジ穴を開けタップ加工
アースネジは6mm長ネジをサクっとカットして約3mm長に。
ついでに、ゴム足もネジで取り付け。
20140309_105726.jpg
何故この配置かと言うと、後で下フタに金具を付けてベルト等に通せるように加工する予定。
スイッチが上で硬いコードがぶら下がる感じをイメージ。
そういう金具的なモノってドコで手に入るんだろう...手芸店とか?

とりあえず完成 ツマミ付近に作業痕(笑
20140309_105711.jpg


ケースの追加加工
作業痕とかアルミ鋳物なので模様みたいなのがカッコ悪かったので、ヘアライン加工するよ!
と言うワケで、作業前の状態。
20140310_230751.jpg

60番メッシュヤスリでガッツリ削った。
バリオーム穴付近の作業痕が残ったけど、これは後で隠れる予定なので問題なし。
20140311_100201.jpg
20140311_100219.jpg

ついでに、穴サイズが大きくて部品がグラつく部分をダイソー万能パテで盛って、キッチリな穴サイズに修正。
20140311_111018.jpg

組み直してみた。
コンセントやスイッチ穴を修正してグラつきが無くなった!
アルミ特有のシルバー色で良い感じ。アルミは基本的に塗装不可なので、このままむき出しで!
20140311_162830.jpg
後で調べた所、Aluminum Black Metal Finishを使って、アルミの黒染めが出来るらしい。
ここで実際に使用した感じが載ってます。
でも「この製品は、カリフォルニア州において、癌・奇形・その他の生殖障害を引き起こすことが知られている化学物質を含んでいます」って記述も見つけた...


更にこだわってみた
IがONでOがOFFだから、よし!電源入ってないな!
ってのが面倒だったのでパイロットランプを付けようと思う。
ネオン管では面白くないし、オレンジ色はイヤ!なのでLEDを選択。
でも、ブラケット付LEDの青が売ってなかったので、組み立て式ブラケットを使う事にした。
写真ではノーマル球の青だが、実際に使用したのは日亜化学工業の高輝度LED3φ。
20140316_105104.jpg

回路と実装はこんな感じ。
電流制限抵抗を使うと巨大な抵抗が必要になるので、コンデンサのリアクタンス(交流的抵抗要素)
で電流制限をかける。
スペースの関係上、使用部品は最小構成。
 

作成した回路とLEDを本体に固定
トライアックはメイン基板の下に移動。
LED基板はトライアック基盤よりも低くし(半分の高さ)、上のLED線やスイッチに干渉しないようにした。


良い感じ!
20140316_142535.jpg

最後に、目盛り版と相応のツマミを取り付けて完成。
ツマミを取り付けると中心軸がずれる感じがイヤな場合は、アルミ片をボリューム軸の切込みに入れるか
ボリュームに切込みが無い物に交換した方が良い感じ。
20140316_151502.jpg


更に改造してみた
内部に3個の青LEDを付けて、目盛り版(3mmの穴3個)の裏に塩ビ板をUVレジンで貼り付け。
ボリュームの裏にアルミ板をボンドで貼り付け、更にアルミ板に塩ビ板をUVレジンで貼り付け。
塩ビ板は透明下敷き、アルミ板(無水エタノールで裏面テープを剥がした)、UVレジンはダイソーで調達。
UVレジンは透明度が高く紫外線を当てないと硬化しないので、キッチリ外周を合わせてから
硬化できる。(太陽光でOK)
アルミ反射板を付けた事で、気分的に光量が増したと思う。
20140418_223831.jpg
20140420_012122.jpg

カッコイイ!(と思う)
20140418_223028.jpg

色々作った失敗作
上段がアクリル板2mm、下段がPP板約2mm、そもそも2mmは厚過ぎてナットが締まらない。
20140420_024844.jpg

作ってみて
工程は殆どケースの穴加工してたような感じ。
後でケースのヘアライン加工したり、パイロットLEDを付けた為にバラしたり組み直したり計画性無し。
ケースにスリット入れてもっと青い光を!と考えたけど外で使う事も考えて却下。
デジカメ等で撮影するとLEDパイロットランプが点滅していた為、LED回路を再度作り直した。
更にボリューム付近を光らせる為にバラして...やっと満足の行く出来な感じ。
ボリュームの出力に応じて青から赤に変化させたかったが技術が無くて断念。

カーボンブラシのある電動工具ならばツマミの30%ぐらいから回り出し、超低速の使用が出来る。
DCモーター電動工具の場合はガッガッと引っかかるような動作をするので使えない事は無いが機器に悪そう。
LEDライトはパルス幅変調ではないので使用不可。

キットを使わずに製作した「自作トライアック万能調光器+オルタネイトLEDスイッチ」も見てね。

材料
 基本部材
  トライアック万能調光器キット(40Aタイプ) 800円
   ※600円の20Aタイプが最もオススメ。20Aでも2000W迄使用可能
  ロッカーズイッチ 2個入 100円
  熱伝導シリコンラバーシート TO-220用 10枚入 100円
  ヒューズホルダー 90円
  ガラス管ヒューズ 250V10A 40円
  はめ込みコンセント 84円
  接地付きはめ込みプラグ受け 115円
  アルミダイキャストボックス 829円
   ※プラスチックケース使用の場合は別途放熱板が必要
  メタライズドポリエステルフィルムコンデンサ 0.047uF 250VAC 473 30円
  メタライズドポリエステルフィルムコンデンサ 0.22uF 250VAC 224 60円
  ゴム足 4個入 150円
  3mm径12mmネジ 4本 28円(メイン基板固定)
  3mm径10mmネジ 4本 28円(ゴム足用)
  基板固定スペーサー 7.5mm長 穴径3mmアルミパイプで自作
  3mm径6mmネジ(3mmに切って使用) 1本 6円(3極プラグのアース線)
  丸型端子(3極プラグのアース線) 持ってた
  電線 1m 110円
  計2564円(全部購入で+250円ぐらい)

 パイロットランプ部材
  青色LED組み立てブラケットセット 2個入 100円
  高輝度LED 3φ青NSPB300B 120円
  メタライズドポリエステル 0.47uF 250VDC 474 73円
  積層セラミックコンデンサ 50V 0.47uF 63円
  ブリッジダイオードS1NB60 63円
  小型カーボン抵抗 1/2W 470Ω 10個入 90円
  ユニバーサル基板 60円
  3mm径12mmポリカーボネートネジ 2本 持ってた (LED基板固定)
   ※組込時、基板部品やスイッチ端子等に干渉しなければ安い鉄製ネジでも可
  基板固定スペーサー 3.75長 穴径3mmアルミパイプで自作
  計569円(全部購入で+14円~200円ぐらい)

 装飾部材
  ツマミ 35.6mm 168円
  ボリューム用目盛板(中)55mm 94円
  計262円

 合計3395円 送料別

PS.
 この前ホームセンターでロッカースイッチ売ってたので、値段見たら1個1180円だった。
 田舎って恐ろしい!
 拍手ボタン押してくれると嬉しいなっ

参考価格
 アイウッド スピードコントローラー PW-1500 4950円
スポンサーサイト

テーマ:電子工作 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/03/16(日) 15:52:51|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<クロネコポイント | ホーム | 電動マイクログラインダー AC100V 17-950で遊んでみた>>

コメント

トライアック万能調光器のLEDパイロットランプ

こんばんは

トライアック万能調光器を作るのに参考にさせていただきました。

おかげさまでスムーズに出来上がりました。

ありがとうございます。

そこで  私もLEDパイロットランプを取り付けようと
作り上げましたが  LED回路を万能調光器のどこに
結線すれば良いのか  画像から読み取れません。

どこに結線するのか  教えてください。
よろしくお願いします。


  1. 2017/04/24(月) 02:20:03 |
  2. URL |
  3. 菅野 #5WBiuDTc
  4. [ 編集 ]

Re: トライアック万能調光器のLEDパイロットランプ

当blogを読んで頂きありがとうございます。

LEDパイロットランプの回路ですが
コンデンサ側をコンセントに
抵抗側をスイッチにそれぞれ結線しました。
回路への電圧は交流100Vとなりますので注意が必要です。
  1. 2017/04/24(月) 20:39:13 |
  2. URL |
  3. exazusa #MyOGguJs
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://exazusa.blog.fc2.com/tb.php/54-c441e26b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

exazusa

Author:exazusa
工作、自作PC、趣味・実用、日記

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
PCパーツ (28)
日記 (50)
手巻きタバコ (5)
ゲーム (7)
その他 (31)

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。